2008年11月08日

2009来年度の医学部定員8486人 過去最大規模

 医師不足の深刻化に対応するため、文部科学省は4日、医学部がある79の国公私立大(防衛医大を除く)のうち、77の大学で2009年度の医学部定員を計693人増やし、総定員数を8486人とする計画を公表した。総定員は、1981年度の8280人を上回り過去最多となる。

 特例措置として増員する73校は地域医療充実の貢献策を示し、多くの大学が奨学金や入試での「地域枠」設定で、地元に根付く医師の養成に取り組むとした。

 増員は、政府が昨年決めた緊急医師確保対策分として189人、重要政策を示す「骨太の方針2008」での特例措置分が504人。

 文科省によると、特例で増員するには地域貢献策への取り組みが前提で、全73校が地域の病院や診療所での実習をし、地域医療教育を強化すると打ち出した。

 62校が、卒業後の一定期間、地域医療に従事する学生への奨学金を設ける。入試で地元高校出身者を対象とするなどの「地域枠」を設けるのも47校に上った。

 深刻な医師不足が懸念されている産科や小児科の教育内容を充実させる大学も34校あった。

 定数増の内訳は国立大が42校で363人、公立大8校で59人、私立大27校で271人。大学別では10人前後の増員が多く、順天堂大と岩手医大の20人が最も多かった。昭和大と近畿大は増員がなかった。

posted by 現役 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学入試ニュース