2008年12月21日

駒大、理事長を解任 資産運用で154億円損失

駒沢大学(東京都世田谷区)が資産運用で始めたデリバティブ取引で約154億円の損失を出した問題で、同大は2008年12月18
日、臨時理事会を開き、宮本延雄理事長を解任した。巨額の損失を出した経営責任を問われた。また、総長、学長ら4人の常任理事も辞意を表明した。

大学の資産の運用に関する失敗で、トップが解任される事態は、極めて異例だ。

駒大は損失穴埋めのため、キャンパスの土地建物や、野球部のグラウンドを担保に110億円の銀行融資も受けている。

デリバティブ取引は理事会も了承したうえで行われており、大学側は先月17日に外部の弁護士をトップにした調査委員会を設置し、関係者から取引の経緯などを聞いていた。

常任理事らも辞意を表明したが、「入試などを控えた時期に、学校法人の役員や、大学のトップが多数不在になるのは避けるべきだ」との判断から、当面留任することになった。ただ、入試や卒業式などが終わった後、任期途中で辞任する考えという。理事長代行は、常任理事でもある大谷哲夫総長が当面務めることになった。報告書は近く、文部科学省に提出する。

駒大は昨年7月以降、三つの金融機関と「通貨スワップ」などの取引を始めたが、金融危機の影響で評価損が拡大、今年10月末の解約処理などで154億5千万円の損失を出した。

同大の昨年度末の資産総額は約940億円。現金預金は127億円だった。同大は「毎年の返済は減価償却額の範囲で可能であり、教育や研究への影響はない」としている。

 
posted by 現役 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学入試ニュース

2008年12月07日

センター試験志願者 現役生の志願率過去最高

大学入試センターは来年2009年1月17、18日に実施するセンター試験の確定志願者数について、前年より594人多い54万3979人と発表した。

高校などを来春卒業予定の現役生は43万1261人で、現役生の志願率は40・4%と過去最高。志願者全体に占める割合でも79・3%と過去最高となった。

既卒者は10万6133人、高校卒業程度認定試験(旧大検)の合格者らは6585人で、いずれも前年より減少した。

性別では男性が57・7%で、女性は42・3%。

成績開示の希望者は前年比2・0ポイント増の73・0%だった。

posted by 現役 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験

2008年12月06日

2009国公立大入試要項まとまる

国立大82校と公立大74校の2009年度入試要項が11日までにまとまった。

受験生の意欲や個性を重視し、面接や書類などで合否を判断するアドミッション・オフィス(AO)入試を実施するのは08年度と同程度の約60校だが、奈良女子大などが新たに導入する一方で、一橋大は今回から募集枠を廃止する。

一橋大は廃止の理由を「しっかりした学力を身に付けているかどうか判断できない」としており、学力低下が指摘される中、議論が広がりそうだ。

千葉県立保健医療大と新潟県立大が来年4月に開学予定。愛知県立大と愛知県立看護大は統合を申請している。

主な入試日程は次の通り。


センター試験の出願受け付け 10月1−14日
センター試験 09年1月17、18日
追試験や再試験 同24、25日
国公立大の前期日程試験 2月25日以降
公立大の中期日程試験 3月8日以降
国公立大の後期日程試験 同12日以降
posted by 現役 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学入試ニュース

南山大の運営法人、資金運用に失敗し34億円の損失 

学校法人南山学園(名古屋市)が、資産運用が目的のデリバティブ(金融派生商品)取引で、今月時点で約34億円の損失を出したことが分かった。

南山学園によると、これまでの運用で約26億円の収益を上げており、実損は約8億円という。

同学園の19年度の収入は学生の授業料や補助金などを合わせ約210億円。

学校運営や学生の授業などに影響はないという。

大学による資産運用のためのデリバティブ取引をめぐっては、駒沢大や立正大でも多額の損失や含み損の発生が発覚している。
posted by 現役 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 私立大学

2008年12月05日

早大、入試出願前から奨学金予約

早稲田大学(東京都新宿区)は6日、来春の入試の出願前に奨学金の予約ができる制度を始めると発表した。

学生確保策の一つで、保護者の経済的負担が大きい地方出身者が対象。当初、2年後の10年度入試から始める予定だったが、金融危機の影響を懸念し、前倒しで実施する。同大は「奨学金の予約制度は日本の大学では初めてだと思う」と話している。

応募資格は、首都圏以外の高校に通う生徒か1浪までの浪人生であることのほか、保護者の収入が一定額以下であることなど5項目。年額約40万円を4年間支給する。返済義務はない。


posted by 現役 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 私立大学

2008年12月04日

大分大学で推薦入試

大分大学の推薦入試が3日から始まりました。

3日に推薦入試が行われたのは、大分大学の教育福祉科学部と経済学部、そして工学部と医学部の4つの学部です。

志願者数は合わせて490人で、平成19年より89人少なくなっています。

4つの学部合わせて募集人員255人に対する志願倍率は1.9倍ですが、工学部応用化学科のB推薦枠では定員割れしています。

一方、平成20年からはじまった医学部医学科の地域枠は、5人の募集人員に対して18人が志願しており、志願倍率は、3.6倍です。

大分大学の一般入試は前期日程が2月25日と26日、後期日程が3月12日と13日になっています。
posted by 現役 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2008年12月03日

2009センター試験、52万人出願

来年1月に行われる09年度大学入試センター試験の出願が14日、締め切られた。

大学入試センターによると、同日午後5時までに到着した願書は52万4478人で、昨年の最終日の同時点より5913人多い。

内訳は現役の高校生が昨年より8508人多い42万6931人、高校既卒者らが2595人少ない97547人だった。
posted by 現役 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験