2009年01月22日

岩手医大で一般入試 定員増も狭き門27.8倍

 岩手医大医学部の2009年度一般入試1次試験は21日、矢巾町の同大矢巾キャンパスなど全国4会場で行われた。募集定員75人に対して2086人が志願。志願者倍率は定員が増えたため、前年の33・8倍を下回る27・8倍だった。

 矢巾キャンパスでは、246人が試験に臨んだ。午前9時から外国語、理科、数学、小論文、適性検査が行われた。

 試験は東京、大阪、札幌でも実施。1次試験の合格者は2月4日の2次試験(面接)を受ける。合格発表は1次が今月27日、2次が2月7日となる。

 医学部志願者2086人の都道府県別は、多い順に東京都415人、神奈川県142人、北海道114人など。本県からは男69人、女23人の計92人が志願した。

 岩手医大医学部の定員は09年度から、20人増えて110人となる。そのうち県内の高校生を対象とする地域枠は15人。既に行われた地域枠の特別推薦試験は定員15人に対して31人が受験、定員20人の一般推薦には71人が受験し、合格者が決定している。
posted by 現役 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25787648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック