2011年01月15日

センター試験がスタート!現役生は約8割

平成23年度の大学入試センター試験が15日午前、全国各地の会場で始まった。16日まで2日間の日程で行われる。全国の志願者は前年度より5616人多い55万8984人。センター試験を利用する大学・短大は、過去最多の828校に上っている。

志願者のうち今春に高校を卒業する現役生の占める割合は79・1%で、過去最大だった前年よりも0・4ポイント減った。既卒者は19・7%を占める。残りは専修学校の高等課程修了者らとなる。

志願者は志望校の条件に応じて、6教科28科目から受験科目を選択する方式。初日は公民、地理歴史、国語、英語などの外国語の試験が実施される。過去に機器のトラブルなどが相次いでいる英語のリスニングも行われる。今回は昨年使用したICプレーヤーを初めて再利用する。16日は理科と数学が行われる予定。

昨年は新型インフルエンザ対策で追試は本試験の2週間後だったが、今年は例年通り1週間後の1月22、23日。各都道府県に拡充した試験会場も従来の全国2カ所に戻る。

posted by 現役 at 12:22| センター試験