2009年11月14日

宮崎大が新型インフルで追試へ

宮崎大学は新型インフルエンザで受験できなかった受験生に対して一般、推薦入試ともに追試を行うと発表しました。

国立大学協会は、新型インフルエンザで2次試験を受けられない受験生のために各大学が救済策を講じるよう要請していますので、それに従っての追試となったようです。

今後も続々と国公立大学の追試が発表されていきそうです。

posted by 現役 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年11月12日

秋田大も新型インフルエンザで追試

秋田県内の秋田大学、県立大学、国際教養大学は、新型インフルエンザに感染したり、感染の疑いで当日に受験できない場合、追試を実施します。

感染者、もしくは感染の疑いのある人は、入試前に大学側に事前に連絡し、医師の診断書提出が求められます。

入試日程
2009年11月14日
県立大学 特別選抜試験(推薦入学A・B)
国際教養大学 特別選抜試験(学校推薦、AO・高校留学生選抜1、社会人選抜)

2009年11月26日
秋田大学教育文化学部、工学資源学部 推薦入試

追試
2009年11月21日
県立大学・国際教養大学 

2009年12月3日秋田大学 



また、他県の国立、県立大でも新型インフルエンザでも追試の実施が広がっています。

広島大学
2次試験を受けられない受験生のために追試
前期・後期試験とも本試験の1週間後

山形大学
11月に実施する6学部と養護教諭特別別科の推薦入試や社会人入試など全試験が対象



posted by 現役 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年10月28日

新型インフル、国公立大学2次試験でも追試

新型インフルエンザに感染して2010年度の国立大入試の2次試験を受けられない受験生のために、各国公立大学が特例措置を講じることを決めました。

本試験の1週間後に追試験を実施したり、大学入試センター試験を参考にした合否判定を行うなどするとしています。
posted by 現役 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年07月20日

大分大医学科、AO入試導入

大分大学は、2010年度入試から医学部医学科の推薦入試を廃止し、受験者本人推薦のアドミッション・オフィス(AO)入試を導入します。

従来の推薦は、学校長による推薦で、各高校で出願可能な人数も決まっていましたが、AO入試は受験者本人が自由に志願できます。

募集は一般枠25人、地域枠5人。

書類審査だった1次選考は、大学入試センター試験の成績に変え、学力を重視。地域枠志願者には、県内のへき地医療拠点病院で体験活動が義務づけられます。



posted by 現役 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年07月19日

2010北海道大入試要項

北海道大学が2010年度入試の選抜要項を発表しました。

変更点は、薬学部の前期試験で理科が物理、化学、生物から2科目選択する。従来は物理を必修とし、化学、生物から1科目の計2科目選択だった。

募集人員は前期1920人、後期465人、AO入試100人で前年度と同じ。出願期間は来年1月25日〜2月3日。2次試験は前期が2月25日、後期が3月12日。
posted by 現役 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年07月14日

2010信州大学工学部、後期日程を廃止

信州大学は3日、10年度の入学者選抜要項を発表した。

定員は全8学部で2003人。工学部の4学科で後期日程を廃止し、センター試験を課す推薦入試を導入する。

医学部医学科では、地域医療を担う医師を育成するため、県内の高校に在籍する生徒を対象にした推薦枠を10人から12人に増やす。
posted by 現役 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年07月10日

2010年度佐賀大学入試選抜要項

佐賀大学が2010年度入試選抜要項を発表しました。

5学部の募集定員は前年度と同じで計1310人。

医学部医学科は推薦入試枠を3増し、県内高校卒業見込み者が対象の「地域枠」を8人から11人に拡大した。

一般入試の定員は前期日程813人、後期日程281人。医学部医学科は推薦入試枠の3増を受け、前期日程を前年度の53人から50人に減らした。

AO(アドミッション・オフィス)入試は前年度と同様、文化教育学部の音楽選修と健康福祉・スポーツ選修で実施。出願期間は8月10〜20日。
posted by 現役 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年06月21日

受験希望の女子学生と飲食

神戸大学は、神戸大学大学院人文学研究科の受験を希望していた他大学の女子学生と飲食を共にした上、中傷したとして、同研究科の40代の男性准教授を1カ月の停職処分にしたと発表しました。

神戸大によると、准教授は昨年6月、受験を希望していた他大学の女子学生とレストランとスナック2軒で計8時間にわたり飲食を共にした上、その際、女子学生の人格を否定するような発言をしたという。
 
この准教授は2004年にセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)で減給、07年には別のセクハラの疑いで訓告処分を受けている。
posted by 現役 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年05月30日

東大生が選んだのは文一

東京大学は2008年度から後期日程の入試では受験者すべてが同一の問題に取り組み、合格者は理科三類以外の5つの科類から1つを選んで在籍する方式にしています。
 
財団法人・東京大学新聞によれば、09年度の後期日程合格者100人のうち97人が入学し、選んだ科類は文一が43人、文二が3人、文三が0人、理一が30人、理二が21人でした。
 
08年度は理科が文科の倍近くでしたが、09年度はほぼ半々になっています。

posted by 現役 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年04月11日

佐賀、2009後期日程、競争率は平均3.7倍

佐賀大入試の後期日程が12日あり、センター試験の成績で合否を決める理工学部以外の4学部で、計710人が受験した。平均実質倍率は3・7倍。合格発表は21日。

4学部の志願者数は1597人で受験率は44・5%。

学部別の実質倍率は
文化教育4・1倍
経済2・1倍
医6・6倍
農4・8倍。

posted by 現役 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年02月23日

国公立大入試、過去最低の4・8倍

 文部科学省は20日、今春の国公立大入試の確定志願者数が前年比1万2757人減の47万5020人だったと発表した。募集人員に対する倍率は0・1ポイント減の4・8倍で、過去最低だった一昨年と並んだ。

 国立大志願者は35万3443人で倍率は0・1ポイント減の4・4倍、公立大は12万1577人で前年と同じ6・4倍。センター試験の成績で門前払いする「2段階選抜」による不合格者数は、前期日程分で2630人、中・後期日程分で1271人(19日現在)だった。
posted by 現役 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年02月05日

国公立2次出願 倍率、前年並み4.6倍

文部科学省は4日、国公立大2次試験の出願状況を公表した。出願期間最終日の同日午後3時現在、志願者は45万5943人で、推薦入試などを除く入学定員に対する志願倍率は前年同時点と同じ4・6倍だった。志願者の内訳は、国立大が34万2235人(志願倍率4・2倍)で、公立大が11万3708人(同6・0倍)。

国立大は82校368学部、公立大は72校163学部の計154校531学部を集計した。志願倍率を前年同時点と比べると、国立大が0・1ポイント減で、公立大は同じだった。志願者数は前年同時点(46万3877人)よりも7934人少なくなっている。確定志願倍率は前年度(4・9倍)並みとなりそうだ。2段階選抜を予定している55校164学部のうち、実施予定倍率を超えた大学・学部は42校99学部。
posted by 現役 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年01月28日

国公立大2次試験 願書受け付けスタート

国公立大2次試験の願書受け付けが26日、始まった。締め切りは2月4日。

国立82大学(368学部)、公立72大学(163学部)の募集人員は、08年より31人多い9万9895人。2次試験は前期日程が2月25日から、後期日程が3月12日から。出願の前提となる大学入試センター試験は約50万人(外国語)が受験した。
posted by 現役 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2009年01月22日

岩手医大で一般入試 定員増も狭き門27.8倍

 岩手医大医学部の2009年度一般入試1次試験は21日、矢巾町の同大矢巾キャンパスなど全国4会場で行われた。募集定員75人に対して2086人が志願。志願者倍率は定員が増えたため、前年の33・8倍を下回る27・8倍だった。

 矢巾キャンパスでは、246人が試験に臨んだ。午前9時から外国語、理科、数学、小論文、適性検査が行われた。

 試験は東京、大阪、札幌でも実施。1次試験の合格者は2月4日の2次試験(面接)を受ける。合格発表は1次が今月27日、2次が2月7日となる。

 医学部志願者2086人の都道府県別は、多い順に東京都415人、神奈川県142人、北海道114人など。本県からは男69人、女23人の計92人が志願した。

 岩手医大医学部の定員は09年度から、20人増えて110人となる。そのうち県内の高校生を対象とする地域枠は15人。既に行われた地域枠の特別推薦試験は定員15人に対して31人が受験、定員20人の一般推薦には71人が受験し、合格者が決定している。
posted by 現役 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2008年12月04日

大分大学で推薦入試

大分大学の推薦入試が3日から始まりました。

3日に推薦入試が行われたのは、大分大学の教育福祉科学部と経済学部、そして工学部と医学部の4つの学部です。

志願者数は合わせて490人で、平成19年より89人少なくなっています。

4つの学部合わせて募集人員255人に対する志願倍率は1.9倍ですが、工学部応用化学科のB推薦枠では定員割れしています。

一方、平成20年からはじまった医学部医学科の地域枠は、5人の募集人員に対して18人が志願しており、志願倍率は、3.6倍です。

大分大学の一般入試は前期日程が2月25日と26日、後期日程が3月12日と13日になっています。
posted by 現役 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2008年11月02日

佐賀大、来年度の一般選抜募集要項

佐賀大は5日、09年度一般選抜(前期、後期日程)の募集要項を発表し、配布を始めた。出願期間は来年1月26日〜2月4日。

募集人員は5学部合わせて前期813人、後期281人。うち医学部医学科の募集人員は3人増を文部科学省に申請中で、認可されれば改めて人員変更を公表する。

前期日程試験は来年2月25日(医学部は26日も)で、合格発表は3月6日。また、後期日程試験は同12日(医学部は13日も)で合格発表は同21日。

posted by 現役 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2008年11月01日

信州大募集人員 全8学部で1653人

長野県の信州大(本部・松本市)は7日、09年度の学生募集案内(入試要項)を発表した。

一般選抜の募集人員は、全8学部で今年度より8人減の計1653人。推薦・AO入試は11人増の345人を募集する。医学部医学科は地域医療に携わる医師を確保するため、「地域枠」として、県内高校生10人を特別選抜する。

一般選抜(帰国生徒ら特別選抜含む)の学部別募集人員は
▽人文155人
▽教育216人
▽経済150人
▽理188人
▽医223人
▽工365人
▽農139人
▽繊維217人。

医学部医学科については医師不足対策として前期日程で5人の募集増を文部科学省に申請中で、12月下旬には認可が下りる見込み。


posted by 現役 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2008年10月30日

弘前大募集要項 医学部は定員5増

 弘前大学は28日、09年度学生募集要項を発表した。

 医学部医学科は文部科学省から5人の定員増が認められ、一般選抜は55人となった。増員の5人は、医師として同学部や関連施設で働くことが条件となる県の定着枠。同大はさらに5人増を申請しており、年内に認められれば県定着枠となる。これで同学部の定員は、前年度比5人増の295人になった。面接などで選抜する初のAO(アドミッション・オフィス)入試(定員40人で県内枠25人)の合格発表は来年2月7日。


posted by 現役 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2008年08月30日

09年度AO入試実施、国公立大で初の4割突破

文部科学省は29日、09年度の国公立大入試の概要(7月末時点)を発表した。156大学が入試を実施し、募集人員は12万1965人。学科試験に偏らず、面接などにより「人物重視」で選抜するAO(アドミッション・オフィス)入試をする大学は08年度より4大学増えて過去最多の64大学となり、全体に占める割合も41.0%と初めて4割を超えた。

新たにAO入試をする大学は国立が弘前、奈良女子、佐賀、公立が北九州市立、九州歯科の5大学。

逆に、一橋大はAO入試を廃止する。AO入試の募集人員は3080人(全体の2.5%)で、08年度より210人増えて過去最多となった。

推薦入試は全体の92.9%の145大学が実施。募集人員は1万7926人(全体の14.7%)だった。
posted by 現役 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学

2008年08月13日

21年度の国公立大入試要項まとまる

国立大82校と公立大74校の平成21年度入試要項がまとまった。

受験生の意欲や個性を重視し、面接や書類などで合否を判断するアドミッション・オフィス(AO)入試を実施するのは20年度と同程度の約60校。奈良女子大などが新たに導入する一方で、一橋大は今回から募集枠を廃止する。

主な入試日程は次の通り。

▽センター試験の出願受け付け 10月1〜14日
▽センター試験 21年1月17、18日
▽追試験や再試験 同24、25日
▽国公立大の前期日程試験 2月25日以降
▽公立大の中期日程試験 3月8日以降
▽国公立大の後期日程試験 同12日以降




posted by 現役 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国公立大学